タウンノート福岡»ウェブ運営サポート

ウェブ運営サポート

「作る」から「運営する」へ。利益を出す企業用ウェブサイト

5年前のウェブサイトは過去のもの

ここ数年にわたるGoogleの取り組みは、多くの中小企業にとっては有益となるものでした。検索上位を実現するためのスキームは大きく変わり、資金力に頼らないウェブ運営が可能となりました。

しかし、その恩恵を受けられていない中小企業も少なくありません。過去のスキームで制作されたウェブサイトでは、現在のSEOには対応できず、逆に順位を下げてしまう結果になっているところすらあります。

今後、古い形式で作られたウェブサイトの価値はさらに落ち込み、新しいスキームに沿ったウェブサイトに順位を譲ることになるでしょう。

作るだけのウェブサイトで利益が出ない理由

Googleが目指す検索エンジンは明快です。検索をするユーザーに対して、もっとも有益な情報を上位に表示すること。これだけを目指して、Googleはシステムのアップデートを繰り返しています。

検索をするユーザーの立場としては、検索結果に広告ばかりのサイトや、他のサイトの情報をコピーしただけのサイトなど、役に立たないサイトを上位表示されても意味がありません。

検索エンジンはGoogleだけではありませんから、Googleで役立つ情報が得られなければ、そのうちユーザーは違う検索エンジンを利用することになるでしょう。検索エンジンも競争をしているのです。

現在、Googleが重視しているのは、「有用な情報を表示しているサイト」と「新しい情報を提供しているサイト」です。この流れは今後も変わることはないでしょう。

作ってそのままのウェブサイトはこの2つの条件を満たすことができません。そのため、他の有用な情報を提供するサイトに、いずれ順位を奪われることになると予想できるのです。

ウェブサイトは公開してからが重要

Googleは、新しいウェブサイトを常に探しています。そして、その評価は頻繁に更新しています。とはいえ、何兆もあるウェブページを全部見て回るには相当な時間がかかってしまいます。

そのため、公開したウェブサイトは管理者がGoogleに伝えるのが一般的になりました。そして、そのときに重要になるのが、ウェブサイト内に書かれた内容になります。

Googleは主に文章(テキスト)を解析しますが、その文章の意味を適切に伝えることで、重要なキーワードやウェブサイトのコンセプトを伝えることができます。

Googleが文章をどう解釈しているかはGoogleが提供するサービスで確認できます。ウェブサイトを公開した後は、こちらが伝えたいこととGoogleの解釈を合わせていく作業が始まります。

これまではデータを納品して終了だったウェブサイト制作は、納品してからがスタートするウェブ運営にはっきりと変わったといえます。

3ヶ月のサポート期間で利益が出るウェブサイトを

タウンノート福岡は、ウェブサイトを公開してから3ヶ月の運営期間を設けています。この期間はテキストの変更や運営上の不都合の修正など、細かな修正をしていく機関です。

例えば、閲覧から問い合わせに繋がるユーザーが少ないということであれば、お問い合わせまでの誘導を工夫したり、キーワードとなる言葉が反映されにくい場合はテキストを修正したり、という修正を行います。修正に費用はかかりません。

これによって、ユーザーが使いやすく、Googleに対して適切な情報を提供できるウェブサイトが完成します。

ウェブサイトは、運営することで初めて価値を持ちます。

定期のメンテナンスで常にフレッシュな情報を

タウンノート福岡では、年間での契約を基本としています。大きな金額はかかりませんが、簡単なメンテナンスを繰り返すことで、フレッシュな情報を提供することができます。

また、多くのウェブサイトは常にセキュリティのバージョンをアップしていく必要があります。知らないうちにハッキングをされていたということにならないよう、定期的なメンテナンスが必要です。

企業のウェブサイトは単なる看板ではありません。収益を生まないウェブサイトでは意味がありません。適切な費用をかけ、収益につながるウェブサイトを作りましょう。