タウンノート福岡»広報物制作

広報物制作

広報には、有料の媒体を利用するアドバタイズと、口コミなどを利用するパブリシティがあります。手段も効果も全く違う2つの方法ですが、消費者の琴線に触れる内容でなければ広まることがないという点では一致しています。

商品やサービスが魅力的であるためには、そのものの良さがあれば良いというものではありません。その良さを効果的に表現する言葉や、見ていて買いたくなるデザインも重要なポイントです。

良いものを良く見せる技術

広報は、正しいものが正しく伝わるとは限りません。時には取返しのつかない誤解を招く場合もあります。オーバーな表現や、あいまいな表現は、そうした誤解の原因になるため、医療や士業などの分野では広報にガイドラインを設け、誤解を招かないよう注意を喚起しています。

しかし、本来はどの業界でも誤解を生じさせる広報はない方が良いと、私たちは考えています。悪いものを良く見せることはできません。しかし、良いものを良く見せることは可能です。商品やサービスの良さを最大限に引き出し、ニーズに引き合わせることが私たちの作る広報物の役割です。